2012年10月26日

11月は子ども虐待防止推進月間です!

 もうすぐ11月です。子どもの虐待防止に向けた取り組みが進む中、11月が虐待防止推進月間とされました。

 子ども虐待ホットライン広島は、全国の民間団体のネットワークに所属しており、11月1日〜11月3日の3日間、一斉電話相談に参加します。
    11月1日〜11月3日
    午前10時〜午後3時
    082−246−6426
です。
 育児で辛い思いをしている親からの電話を受け付けているほか、通報相談を受け付けています。
 
 前回も述べましたが、子育てをする親は、様々なストレスを抱えています。
 その中で、夫婦の不仲や借金、姑との関係など、周囲に相談しにくいことが原因となっていることが多々あります。
 中でも、他人に言えないストレスは、非常に大きいものです。
 ホットラインは、このようなストレスを匿名で話してもらうことによって、親支援をし、子どもの虐待防止につながればという取り組みを中心として活動しています。

 他方、通報相談も重要な役割だと思っています。
 いきなり児童相談所に通報することには、躊躇される方が多いと思います。
 通報したら、児童相談所の人が来て大騒ぎになるのではないか、といった不安を持たれる方が多いのです。
 
 ホットラインに電話していただければ、必ず、弁護士を通じてホットラインからの通報として受け付けてもらいます。
 ホットラインの通報で、パチンコ店駐車場に停められていた自動車から子どもが救出されたこともあります。

 詳しくは、子ども虐待ホットライン広島のホームページをご覧下さい。
posted by habataki at 00:00| 子ども

2012年10月19日

「子ども虐待ホットライン広島」について

 最近子どもの虐待に関して、マスコミに大きく取り上げられる事件が続いて起きています。
 その論調は、児童相談所は、その役割を果たしていなかったのではないか?虐待なんかする親はけしからんといったものです。

 もちろん、犯罪行為に対しては、刑罰が課されなければなりません。児童相談所も、かかわりに関する検証はしなければなりません。
 しかし、それだけでは、問題は解決しないと思います。

 まず、子どもの視点に立つ必要があるのではないでしょうか?
 子どもを育てることは大変なことです。
 最終的には親が責任を負うとしても、親のみで育児ができるものではありません。
 生活のため、仕事、家事、近所づきあい等々しながらの子育ては容易ではありません。

 子どもは、当然未成熟ですから、一言で言うことを聞くはずがありません。
 何度も何度も根気よく世話をして時間をかけて育てるしかないと思います。
 それだけでも、相当なストレスです。
 ストレスが重なり、躾のためにと、安易に体罰を手段として使ってしまい、言うことを聞かないからと暴力の程度をエスカレートさせ、我を失ってしまった結果の虐待死というのは、以前からありました。

 子育てについて、ストレスをためすぎないように、少しでも不安を解消できるようにと思って、有志開設したのが、「子ども虐待ホットライン広島」です。
 現在は、当事務所の中田が代表を務めています。

 親に対する支援が一番だと思いますが、子どもたちにかかわる学校、児童相談所に対するフォローも必要です。
 厳しい責任追及の眼差しのみでは解決に至らないと思っています。
posted by habataki at 00:00| 子ども

2012年10月10日

不動産賃貸について

「テナントを貸しているが、借家人が家賃を払わない。」
「現時点で、約6カ月分の滞納になっている。」
「これまでも何度も催促してきたが、いつも遅れがちで、もう明渡してもらいたい。」
といった相談をよく受けます。

 このような場合には、借家人に対して、滞納賃料の請求と、支払わない場合には、賃貸借契約を解除する旨の内容証明郵便を送ります。
 連帯保証人がついている場合が多く、その場合、同時に連帯保証人にも、同じ内容の文書を発送することから始めます。

 それでも支払わない場合、訴訟を提起して建物の明渡しを求めることになります。この場合も、連帯保証人があれば、同時に被告として訴訟を提起します。
 問題は、このような訴訟を提起し、建物を明渡せとの判決を得た後の処理です。

 判決を得た後に強制執行をしなければ明渡しという目的は達成できません。
 建物明渡しの強制執行は、基本的には半日で一挙に行われるので、多くの人手と、トラックを用意しなれければならず、50万円を超える費用がかかることもあります。
 滞納家賃の請求も同時にして、判決を得て、建物内の動産類を差押え、安価で家主自らが買取るなどの工夫をすれば、費用を低く抑えることができる場合もあります。
 種々工夫をしながら処理をする必要があると思います。
posted by habataki at 00:00| 不動産賃貸借