2015年01月19日

講演のお知らせ

当事務所の中田憲悟が参加する講演についてのお知らせです。

1 広島県地域活動連絡協議会「児童虐待の実態と対応」
 日時:平成27年1月19日(月)10:00〜
 対象者:広島県地域活動連絡協議会 (※一般の方の受付はございません。)

2 「こどもの笑顔と安心・安全な地域づくりをめざして」(リレートーク)
  日時:平成27年2月1日(日)13:30〜16:30(開場13:00)
  会場:広島市西区民文化センター大ホール
  参加費:1000円(先着150名)
  対象者:どなたでも参加可能です。

チケットの申込みは、はばたき法律事務所(082−502−3915)までご連絡ください。

IMG_01931.jpg

posted by habataki at 00:00| ホットライン

2014年11月25日

信用情報機関A(いわゆるブラック情報について)

 信用情報機関に登録される情報には、いわゆるブラック情報というものも含まれます。
 そもそも、このブラック情報とは何でしょうか。

 実は、ブラック情報という情報があるわけではありません。
 信用情報機関に登録される情報には、契約締結や弁済といった情報や支払遅滞や弁護士介入など様々な情報があり、ブラック情報というのは、信用情報機関に登録される情報の内、支払遅滞等の信用を下げる情報のことを指しているものと理解して頂ければ良いと思います。

 そして、このようなブラック情報が載ってしまうと、信用が低下するわけですから、信用情報を見ることができる金融機関からの借り入れができなくなる、カードの契約が解除されるなど日常生活に不都合をきたすことがあります。

 そこで、当事務所では、間違って記載されたブラック情報を消すために、信用情報機関に削除依頼をしたり、直接金融機関と交渉を代理人として行うこともあります。
 ブラック情報でお困りの際にはご相談下さい。
posted by habataki at 00:00| 借金問題

2014年10月24日

信用情報機関@(自分や亡くなった親族の借金調査)

 借金の調査をしようにも、多くの金融機関等から借り入れをしてしまった方の中には、どこから借り入れをしたのか覚えておられない方もいらっしゃいます。
 また、親族が亡くなり、相続が問題になった際に、亡くなった方がどこに、どれだけの借金をしていたかが分からず相続放棄をするべきか決断できない場合もあります。
 このような場合に借金を調査する方法の一つとして、信用情報機関への情報開示請求というものがあります。

 信用情報機関とは、「個人の信用」を客観的に表した信用情報を収集し、提供・管理する事業を通じて消費者と会員会社であるクレジット会社やローン会社などとの健全な信用取引を支える機関であると言われています。
 少しわかりにくいですが、要は、金融機関が有する消費者の信用に関する情報(借金の存在や返済状況等)を一元に管理している機関です。
 銀行、信販会社、消費者金融などほとんどの金融機関は、信用情報機関の会員となっているため、信用情報機関が有している情報を開示してもらうことで、どこに借金があるのかということを調査できるのです。

 信用情報機関への開示請求は、一般の方でもできます。
 必要書類を揃えたり、請求書の作成などといった手続が面倒な場合には、当事務所で代理して行うこともできますので、是非お気軽にご相談下さい。
posted by habataki at 00:00| 借金問題